カテゴリー
未分類

光脱毛が受けれない人は?

光脱毛はできない人もいますからご自身が該当しないかどうか確認してみてください。ムダ毛を脱色して色素がない方や、抜く方法で脱毛してまだ生えてきていない状態の方は、光脱毛の効果が得られないので、発毛して色素が復活するまでは施術が受けられません。
また、妊娠中であったり、光アレルギーの方は光脱毛で照射するライトそのものがストレスになってしまうために、施術が受けられません。日焼けはダメージによりますが、大きくわけて、日常的なもので炎症やダメージがなければほぼOKですが、スキーや海水浴後の急な日焼けは確実にNGです。同じ理由で、肌の状態が良くない場合も断られてしまうことがあります。
毎日自転車に乗っているなど日常的な日焼けの場合は炎症を伴わないで大丈夫だったりしますので、肌の状態が心配な方は、サロンに聞いてみてください。

お薬を服用中の方も注意が必要です。
市販薬の中にも、光に対して過敏になる成分が含まれているものがあるので、持病がある方と同様、医師にあらかじめ相談するのも有効です。

美容脱毛におけるカウンセリングでは、質問事項にできるだけ正確に回答しましょう。デリケートな肌の場合や、アトピー性皮膚炎だったりすると、脱毛を断られるケースもありますが、嘘をついて受けてお肌にトラブルが起きてしまったら、困るのは自分自身に他なりません。
尋ねたいことがあるときは質問するべきです。
脱毛エステにおいて永久脱毛はできるのかというと、永久脱毛はしてもらえません。

永久脱毛が施術可能なのは医療機関しかありませんので、間違わないようご注意ください。

脱毛エステで永久脱毛をうたっていたら法を犯すことになります。永久脱毛を施したいのなら、脱毛エステに通うのではなく脱毛クリニックへ相談することになるでしょう。
請求額は多く感じられるでしょうが、通院回数は少なく済みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です